様々なホルモン剤の種類・影響と分類について考えてみた。

身体の状態によっては、医療機関などで「ホルモン剤」を投与するケースがあります。
一方で、サプリメントのような感覚で取り入れられるホルモン剤もあり、その種類としては多くの製品がリリースされています。
ここでは、ホルモン剤を考えるときに基本となる「ホルモン剤の分類」について考えていきたいと思います。

中年期以降の女性が取り入れることが多いホルモン剤


エストロゲンやプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量は常に体内で正常値にキープされるような仕組みになっています。
しかし、それが減少してしまうことがあるのです。
減少の理由は「加齢」が1つとして考えられます。
これらが減少してしまうことによって身体に不調をきたすことがあるのですが、代表的なものといえば「更年期障害」でしょう。
自然現象の1つではありますが、放置していることによって日常生活がスムーズに行えないなどということがあるのです。
そのときに用いるのがホルモン剤というわけです。
これは「ホルモン補充療法」と医療現場では呼ばれています。
エストロゲン・プロゲステロンそれぞれを単体で、もしくはその2つを同時に摂取するというのが一般的なものになります。

女性ホルモンの影響を大きく受ける部分

子宮は女性ホルモンの影響を大きく受けている部分です。
たとえば、子宮筋腫や子宮内膜症という疾病が代表的なものでしょう。
さらには、近年、悩んでいる方も多い月経不順なども女性ホルモンが増殖したり肥大化することによって腹痛などの違和感が生じてしまいます。
そうしたときに用いるのがホルモンの分泌を抑制するホルモン剤です。
根本的に治療をするのではなく、痛みなどを緩和させるということを目的として用います。

がん治療とホルモン剤

乳がんを発祥してしまう要因として考えられているのが、エストロゲンが反応し増殖するというものになります。
乳房切除術などを行った際に、がん細胞の抑制するためにホルモン剤投与の治療方法があります。
使用されるものとしては、抗エストロゲン剤が代表的ではありますが、閉経前ですとアゴニスト・閉経後にはアロマターゼ阻害剤を使用することもあるでしょう。

赤ちゃんを望んでいる方に

不妊治療も今ではさまざまな方法が生まれています。
以前からあるアプローチとしては「排卵誘発剤」といって排卵そのものの機能に働きかけをするもの・着床に働きかけをするプロゲステロンなどを投与します。
不妊治療の場合には、その原因に合わせたホルモン剤が使用されているのです。

さまざまな治療にホルモン剤

また、上記の疾病ばかりではなくあらゆるものにホルモン剤が使用されています。
その種類も豊富ではありますが、どのようなホルモン剤であってもその基本としてある作用が「ホルモンバランスを調整する」という役割を担っているのです。
疾病に対するアプローチとして用いる場合は医師の判断に基づき処方もしくは点滴や注射などで直接投与を刷るという形になるでしょう。

ホルモン剤の種類は多い

イメージとして「ホルモン剤」1種類というイメージがあるものですが、そればかりではなくさまざまな種類のものがさまざまな治療過程において使用されていることがご理解いただけたかと思います。
疾病の症状や状態などによって適切な治療・ホルモン剤投与を行うことで身体の改善やつらい部分の緩和につながってくれるいわば「必要不可欠な薬」であるともいえるのです。

PAGE TOP