改めて知っておきたいホルモン剤とはどのようなものなのか

「ホルモン剤」という薬剤もしくは言葉そのものについては多くの方が耳にされていることと思います。
そして自分や周りに投与経験があるという場合もあるのではないでしょうか。
しかしながら、ホルモン剤がどのような効果を持っているものなのかについては知らないということもあるかもしれません。
そこで今回は、ホルモン剤の効果などについて考えていきましょう。

ホルモンの役割とは

体内では女性ホルモンが分泌されています。
これは人間の身体においては必ず行われている活動といえるでしょう。
上記と同じ働きをする成分が配合されている薬剤を総称して「ホルモン剤」と呼ぶことが多いのです。
その名前から、女性だけが生成しているというイメージがあるかもしれませんが、男性の体内にも存在している成分となっています。

女性ホルモンの働きとは

卵胞と子宮内膜の成長と安定的な状態を作る「卵胞ホルモン」・子宮内膜の厚みなどを維持する役割を担っている「黄体ホルモン」などが代表的なものとなります。
これらと同じ働きをするホルモン剤についてもそれぞれに対してのものが存在しているのです。
治療を進めていく上においては、「一方を使用する」ということが一般的ではありますが、症状によっては双方を用いることもあるでしょう。

女性の疾病にも

ホルモン剤の作用から、月経困難症からその周期にかかわる治療としてホルモン剤が処方されることも多く見受けられます。
さには、子宮の疾病や不妊症などにも使用されることがあり、すべてを含めて「ホルモン療法」と呼ぶことがあります。

女性ホルモンは生命維持活動に大切なもの

今回は女性ホルモンとはということについて考えていきました。
生命活動を行っていくうえで重要な成分ともいえるのです。

ホルモン剤について考えられる副作用の具体的症状とは?

関連記事

  1. 女性が心配しがちなホルモン剤の副作用について考える

    婦人科などにおいては、ホルモン剤の治療を行うという可能性は高くなってくるでしょう。実際に治療経験…

  2. ホルモン剤を服用する際に気になることの1つ「副作用」について

    ホルモン剤というと中には「怖い」というイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。さらには、そ…

  3. ホルモン剤について考えられる副作用の具体的症状とは?

    ホルモン剤は医療現場でもその「治療薬」として多くの種類のものが取り入れられています。男性・女性関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP