女性が心配しがちなホルモン剤の副作用について考える

婦人科などにおいては、ホルモン剤の治療を行うという可能性は高くなってくるでしょう。
実際に治療経験・ホルモン剤を取り入れた経験があるという方もいらっしゃるかと思います。
そこで、気になるのが「月経との関係性」ではないでしょうか。
直接的な作用があるというところから、気にされる声も少なくないようです。
そこで今回は、月経とそれにともなう体型などの影響について考えていきましょう。

月経周期への影響について

先にも触れましたが、ホルモン剤は、女性ホルモンに直接的な働きかけを行うものとなっています。
ですので、月経周期に影響が出てしまうという可能性も考えられるでしょう。
エストロゲンやプロゲステロンが増殖することによって、月経周期が「長くなる」ということが考えられます。
また、プロゲステロンを一定期間の服用をしていたら月経が来なくなってしまったと強い不安感を抱く方もいらっしゃるようです。
これら症状には個人差はみられますが、いかなる場合においても副作用で「ずっと月経が来ない」ということはまず考えられません。
ホルモン剤の投与を中止した段階・数日後には月経が来るということが大半でしょう。

ホルモンと体系について

よく言われているのが「太る」ということです。
ホルモン剤の影響で、水分・栄養素を体内に蓄えようとする身体機能が活発化するからです。
体重の幅については個人差があるものとなっています。
こうした部分についても、月経周期と同様にホルモン剤を中止することによって体型も元にもどっていくでしょう。

医師から説明を受けるのもよい

今回は、副作用と月経・身体的な変化について考えていきました。
ホルモン剤を取り入れるという場合、事前に医師から指導や説明があるかと思いますので、不安があればその際に質問などをしてみるとよいでしょう。

ホルモン剤を服用する際に気になることの1つ「副作用」について

ホルモン剤について考えられる副作用の具体的症状とは?

関連記事

  1. 改めて知っておきたいホルモン剤とはどのようなものなのか

    「ホルモン剤」という薬剤もしくは言葉そのものについては多くの方が耳にされていることと思います。そ…

  2. ホルモン剤を服用する際に気になることの1つ「副作用」について

    ホルモン剤というと中には「怖い」というイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。さらには、そ…

  3. ホルモン剤について考えられる副作用の具体的症状とは?

    ホルモン剤は医療現場でもその「治療薬」として多くの種類のものが取り入れられています。男性・女性関…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP