ホルモン剤を服用する際に気になることの1つ「副作用」について

ホルモン剤というと中には「怖い」というイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。
さらには、その効果はあるものなのか否かということもあるかもしれません。
ここでは、ホルモン剤の効果やその影響という部分について触れていきたいと思います。

ホルモン剤の効果に関して

ホルモン剤の体内アプローチは「体内でのホルモンバランスに対して直接変化をおこす」というものになるでしょう。
ですから、緩和が主体となる治療の際にもその部位ごとに非常に高い効果を発揮するものでもあるのです。
とはいえ、やはりある程度のよい効果が期待できるということはその半面「副作用」という問題があるのも事実なのです。
このことが、ホルモン剤は「怖い」というイメージの要因になっているのかもしれません。

ホルモン剤の副作用について

まず覚えておきたいのは、副作用というものは個々によって現れ方が違う・差があるということです。
医師の指示に従って、用法・用量を守っていただければ、身体の悩みや症状を緩和してくれることにつながるでしょう。
基本的なものを守ることによって、その副作用も最小限に抑えることも可能なのです。
医師から処方薬としてホルモン剤をだされたときには、くれぐれも自己判断で服用をせず、指示を必ず守って取り入れていくようにこころがけましょう。

副作用を強く感じたとき

指示に従っていたとしても副作用を強く感じるなどということもあるかもしれません。
そのような場合には、かかりつけの医師にすぐ相談をすると安心でしょう。
服用中止から薬を変更してくれるかと思います。
副作用は仕方が無いと我慢をする必要はないのです。

ホルモン剤について正しい認識を持つこと

このように、怖い薬では決して無く、指示を守る・用法用量を守ることによって身体にとってよい影響を与えることが出来るとお分かりいただけたかと思います。

女性が心配しがちなホルモン剤の副作用について考える

関連記事

  1. ホルモン剤について考えられる副作用の具体的症状とは?

    ホルモン剤は医療現場でもその「治療薬」として多くの種類のものが取り入れられています。男性・女性関…

  2. 女性が心配しがちなホルモン剤の副作用について考える

    婦人科などにおいては、ホルモン剤の治療を行うという可能性は高くなってくるでしょう。実際に治療経験…

  3. 改めて知っておきたいホルモン剤とはどのようなものなのか

    「ホルモン剤」という薬剤もしくは言葉そのものについては多くの方が耳にされていることと思います。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP